細木数子が凄い訳!六星占術とは?

出典:六星占術占い

六星占術とは、実業家で占い師の細木数子が考案した占いで、中国の古来から続く易学や算命学、そして万象学などを基にして骨子が作られた事で知られています。

六星占術の概略では、その人が生まれながらにして持って生まれた運命を「土星」、「金星」、「火星」、「天王星」、「木星」、「水星」の6種類の『運命星』と呼ばれる星に分けて占いが行われます。

また、これらの運命星に生まれついた人の事を「土星人」、「金星人」、「火星人」、「天王星人」、「水星人」、「木星人」と呼び、これに加えてある一定の条件が重なった時にのみ「霊合星人」という呼び名を使う事もあります。

「霊合星人」についてはこの星が単体で六星占術に存在しているのではなく、例えば「火星人の霊合星人」といった使い方で使われます。

さらに六星占術では『対応する運気』が設定されており、「土星人」は「天皇星人」と対応、「金星人」は「木星人」と対応、「火星人」は「水星人」とそれぞれに対応する運気が異なります。

これらそれぞれの星の人の運命星については、生年月日に基づいて算出された「運命数」と「星数」によって決められる事となります。
そして最後にその人の『運命星』によって作られた『占命盤』が作成され、占命盤を使って六星占術の占いが行われます。

『運命星』は六星占術の占いの基本となる考え方で、占われる人の生年月日の日の干支を「星数」で割り振り、それぞれの6種類の星に区別してゆきます。
「星数」は生年月日に対応する「運命数表」を用いて割り出され、割り出された数値が「運命数」となります。

六星占術で特徴的なのは、土・金・火・水・木の「星」については中国古来の自然哲学の思想である「五行」に基づいているのに対し、「天王星」については六星占術の考案者である細木数子のアイディアが盛り込まれているという点です。

また、これらのそれぞれの『運命星』には「プラス」と「マイナス」が存在し、占われる人の生まれた年が子・寅・辰・午・申・戌の場合には「プラス」になり、丑・卯・巳・未・酉・亥の場合には「マイナス」となります。
これら「プラス」と「マイナス」ついては中国古来の「陰陽」の考え方が十二支と合わさり考案されたと言われており、「金星人(+)」や「火星人(−)」のようにそれぞれの『運命星』と組み合わせて使われます。

そして「霊合星人」については、その人の『運命星』によって作られた『占命盤』において「停止(大殺界の中央部分)」に該当する人が「霊合星人」として分類される事となります。